古本買取の流れ


古本買取を行うための流れは、全部で4段階となります。 まず第1段階ですが、買い取って欲しい古本買取をお店の方に見せる必要があります。つまり買取業者の方に、査定を依頼する事になるのです。現物が手元にないと、買い取り業者の方も古本の買取価格が分からないからです。 お店の方に対してそれを見せる方法は、色々あります。郵送でその本を送る方法もありますし、買取を行ってくれるお店に対してそれを持ち込む方法など様々です。中には出張を行ってくれるお店もあります。 第2段階ですが、その古本の状態を確認するための査定です。例えば古本に対して書き込みが発生しているとなると、査定金額が下がってしまう事があります。その書き込みの有無を確認する意図もありますし、古本の帯の有無などを確認する事になります。そして古本の状態を確認したお店のスタッフの方は、顧客に対して査定金額を提示する事になるのです。 第3段階は、その古本の買取金額に対する判断です。買い取り金額に満足できるようであれば、古本を売却する事になります。逆にちょっと不満があるようならば、一旦保留にする事も可能です。 第4段階なのですが、その買取り金額の支払いです。お店の場合はその場で支払ってくれるパターンが多いですが、郵送で古本を送った時などは、振り込みになるパターンが多いです。ちなみに後者の振り込みの場合は、多少の日数を要します。 古本買取の業者によって流れは若干異なりますが、概ね上記の4段階になります。